前へ
次へ

洗顔したあとのスキンケア

洗顔したら、化粧水をたっぷり多めに与えてください。
潤っているうちに、のばすように乳液をつけるのもおすすめです。
化粧水と乳液は基本的な素地を調える作業に必須のアイテムです。
スキンケアは下地を整えることと、さらに潤いを逃がさずにバリアー効果をもたらしてくれるように整えることに意識すれば格段に良くなります。
紫外線対策は、下地がすべてと言っても過言ではありません。
なぜならば、どんなにUV効果の高い日焼け止めを塗ったとしても、もともとの皮膚がボロボロでは意味が弱まってしまうからです。
UV効果を発揮してくれるのは日焼け止めですが、もともとの下地の素肌が整っていればこそですから、念入りに化粧水を与えるようにします。
化粧水を与えても、UV効果は得られませんが、強い皮膚に整えられます。
もともとの強さを発揮できる、と理解してみてはいかがでしょうか。
乳液はべたつきますので、乾燥気味の素肌の人におすすめしますが、乾燥が気にならない場合は化粧水だけでも良いでしょう。
大切なのは皮膚に潤いを保持させて、日差しによるダメージを軽減するように働かせることです。
UV効果の高い日焼け止めを塗らなくても、帽子やサンバイザーあるいは日傘で直射日光を避ける方法もあります。
自分らしい日焼け対策を心掛けましょう。
まずは洗顔後の化粧水で、しっかりスキンケアをしたうえで日焼け対策を心掛けるのがポイントです。

Page Top